会社案内

経営理念

  1. 過酸化水素およびその関連商品の生産供給を通じて、社会の環境に貢献すること。
  2. お客様と共に考え、お客様の問題をクリエイティブに解決し、お客様の満足を得ることを喜びとすること。

私たちはこの理念をモットーに、豊かな未来を拓きます。

環境・安全・健康の理念と方針

環境・安全 基本方針

豊かな自然と物流機能が共生する苫小牧市に位置する新酸素化学株式会社は、クリーンな化学薬品である過酸化水素の生産と供給を中心に、豊かな地球環境づくりに貢献するため、基本方針を定め環境保全活動と安全操業に取組む。

操業における安全と健康の確保

安全確保を最優先課題とし、設備保全とプロセスの機能維持を徹底し安全及び安定生産を確保するとともに、作業方法、化学物質の取扱いに対するリスクアセスメントを推進し対応すること等により、操業における危険有害性を低減し、事故・災害等の予防に努める。

法規及びその他要求事項の遵守

事業活動に関連する法令、条例、協定その他同意事項を遵守し、あらゆる事業活動における災害防止及び環境汚染の予防に努める。また、社会全体の倫理観や社会常識を含めコンプライアンスを重視した良識ある行動の実践に努め、企業の社会的責任を果たす。

資源・エネルギーの効率的活用及び環境負荷の低減

資源及びエネルギーの効率的活用による原単位の改善、及び廃棄物の削減・再使用・再循環の促進を図り、化学物質の取扱においては環境影響に配慮することで、環境負荷の低減及び環境汚染の予防に努める。

環境マネジメントシステムの継続的改善

事業活動にかかわる環境影響を常に認識し、方針を達成するため社内の環境管理体制及び環境マネジメントシステムの継続的改善に努める。

品質基本方針

新酸素化学株式会社は、顧客ニーズに基づき信頼される製品を提供することにより、顧客満足を向上させ社会の繁栄に貢献するため、基本方針を定め品質及び品質マネジメントシステムの継続的改善に努める。

顧客に信頼される製品の提供

顧客ニーズ(品質、納期、コスト、技術)を的確に把握し、期待と要求に応えた製品を提供することにより、顧客の信頼とともに満足を得る。

品質マネジメントシステムの継続的改善

品質改善・プロセスの改善・コスト削減を図り高い品質の製品を安定的かつ経済的に供給するため、品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善することに努める。

会社概要

商号 新酸素化学株式会社
所 在 地 北海道苫小牧市字勇払148-58
TEL:0144-55-7337
設立 1980年7月17日
操業 1987年6月1日
資本金 25億円
株主 三菱商事株式会社 50%
三菱ガス化学株式会社 50%
従業員数 41名(2018年3月31日現在)
主要品目 過酸化水素及び高品位尿素水
取引銀行 北洋銀行
北海道銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行

沿革

1980年
7月
会社設立(資本金25億円)
1985年
8月
北海道苫小牧市に製造プラント建設着工
1987年
3月
過酸化水素製造プラント竣工
1987年
6月
過酸化化水素プラント商業運転開始
1991年
1月
船出荷設備供用開始(危険物専用岸壁)
1995年
3月
製造プラント安全システム竣工
1999年
1月
ISO9002認証取得(現ISO9001)
2002年
8月
三菱商事がアトフィナ保有株式を取得(50%)
2002年
10月
本社を東京から苫小牧に移転
2004年
1月
水素製造装置稼働(10月電解水素受入停止)
2006年
6月
三菱ガス化学がDIC保有株式を取得(50%)
2008年
1月
ISO14001認証取得
2008年
9月
33KT能力増強工事完工
2009年
8月
DICより岸壁、拡張用地等を取得
2016年
12月
高品位尿素水受託生産開始

PAGE TOP